洗顔方法が美肌をつくる

洗顔方法が美肌をつくる

洗顔方法が美肌をつくる

美肌を作るためには、肌に優しい洗顔を取り入れると良いでしょう。

 

美肌エステに通っていても、毎日自分自身で洗顔をしなければいけないという事に変わりはありませんから、美肌エステに頼るだけではなく、自分自身でも正しい洗顔法を知り、肌に負担をかけないようにすることが大切です。

 

正しい洗顔法としては、洗顔料をしっかりと泡立て、その泡で優しく顔を覆うようにして、洗い流すという方法です。

 

顔の上で、洗顔料を泡立てたり、顔と手のひらをこすってしまうような洗顔方法を繰り返すと、肌への刺激となってしまい、シミの原因となってしまいますから、泡立てるのは手のひらで行い、顔には泡をつけて洗い流すだけにしましょう。

 

洗い流すときには、水や熱いお湯ではなく、ぬるま湯を利用し、手のひらにすくった水を優しくかけましょう。

 

シャワーで一気に泡を流す人も多いかと思いますが、シャワーの水圧は意外にも強く、顔に直接あててしまうと、肌への刺激となってしまう事も多いですから、手のひらですくった水を利用し、洗い流すようにしましょう。

 

タオルで顔を覆う場合にも、タオルでこするのではなく、タオルを軽く肌に押し当て、水分を取るようにしましょう。

 

洗顔料の前にクレンジングを利用する場合には、肌に蒸しタオルをあて、毛穴を開かせた上で行い、メイク落としを肌につけるのは、できるだけ最小限の時間に留めるようにし、肌に負担がかからないようにすることが大切となります。